間取りの悩み、相談、家づくりの相談。子どもと暮らす夫婦のための家づくりを応援するサイト

家づくりの悩み相談・設計無料の家づくり間取り提案・住宅プラン実例|siro1.jpg 家づくりコツ・設計無料のココロを集める家づくり相談・間取り提案|kotu.jpg

2つの誤解

子ども部屋を考えるとき、ついつい
やってしまいがちな、多くの方が
おちいってしまっている誤解が2つあります。

『子ども部屋があれば子どもは勉強
 するようになる』

と考えたことはありますか?

これ、実は思い込みなんです(笑)
こんなデータがあります。

有名私立中学に合格した家庭を調査した
結果

ほとんどの子どもは子ども部屋で勉強
していなかったそうです。
どこで勉強していたかというと
リビングやダイニングのテーブルで
勉強していたそうです。

不思議に思います?
実は全然不思議じゃないですよ。
理由はかんたんです。

『お母さんのそばにいたいから』

なんだかんだ言って、子どもはお母さんの
そばにいたいんですね^^

一般的には静かな部屋のほうが勉強がはかどると
考えますが、脳科学の面では実は逆なんです。

会話をしたり、家族の気配を感じながらやる方が
脳は活性化するそうです。

お母さんが見え、匂いがして、声が聞こえる。
子どもにとってこんなに安心できる環境は ないですよね^^

そして、もうひとつ誤解してしまっていること。

『自立させるためにも個室を与える』
『自立したから個室を与える』

これ、似てるようで全く違うんです。

自立していない子どもに個室を与えても
その使い道に困ってしまいます。

ひとりでいることに、お母さんがいないことに
寂しさや不安を感じてしまいます。
家にいて親の愛情を感じることが
子どもには何よりも大切なこと。

過保護にするというのは意味が違って
きますが、愛情を注いであげることが
子どもを成長させます。

もしも今日の話を見て、思い当たる誤解が
あったら、一度考え直してください。

家づくりからできる子育てもあるんですよ^^