間取りの悩み、相談、家づくりの相談。子どもと暮らす夫婦のための家づくりを応援するサイト

家づくりの悩み相談・設計無料の家づくり間取り提案・住宅プラン実例|siro1.jpg 家づくりコツ・設計無料のココロを集める家づくり相談・間取り提案|kotu.jpg

家族の会話を増やす

「もっと家族で時間を過ごしたい」
「最近会話が全然なくて家にいてもさみしい」

同じ場所にいるからと言って、必ずしも楽し
い時間を過ごせているわけではないです。

同じ屋根の下で暮らしながら会話の無い生活
同じ時間を過ごしているのに顔を合わせるこ
とのない生活

そんなのさみしいと思いませんか?
そんな生活避けたいと思いませんか?

これからお話する方法は家庭でもっと会話
を増やすための方法です。

この方法を知ることで会話が自然に生まれ
同じ時間を過ごすことが増えるようになり
ます。

自然と同じ話題を話し家族での会話が増え
るようになります。

これを生かして家を建てれば今までよりも
もっと会話の多い家にすることができます。

これを知っておかないと会話のない時間が
増え、家にいながらその場にいづらくなり
自分の部屋で過ごす時間ばかりが増えてい
きます。

顔を合わせる時間も減ってしまい、もしか
したらすれ違いが起こり始めるかもしれま
せん。

せっかく家を建てても、家族の距離の縮ま
らないままに終わってしまいます。

家族が楽しく過ごしてないなら何のために
家を建てるのかわかりませんよね。

もし現在あまり会話のない環境だったとし
てもそれは誰のせいでもありません。

ご主人様のせいでも奥様のせいでもお子様
のせいでもありません。

ただ誰も教えてくれなかっただけ。
それだけです。

家族の会話を増やすための3つのステップ

1.家族の共通のものを探す
2.それを置くまたは飾るためのものを用意する
3.それを家族が一緒に過ごす場所に置く

この3つのステップです。
これから家を建てられる方も同様にこのス
テップに沿って考えてください。

会話をするには家族全員が共通して話せる
会話でなければ誰かが話しについていけな
くなり、別の場所に行ってしまいます。

そのために共通のものを探します。
家族で共通の会話を探すのもいいですが、
それよりも共通のもの。
一番わかりやすいのはアルバムです。

アルバムには家族で行った旅行の写真とか
子どもの運動会の写真とかみんなで過ごし
た時間が詰まっています。

他には子どもが描いたお父さんお母さんの
似顔絵だったり、親子で作ったものなどは
共通の時間を過ごしたものです。

それをリビングやダイニングなどのみんな
で一緒に過ごす場所に置いたり飾ったりす
るのです。

するとふとアルバムをだしたときに自然と会
話が生まれ、その時の思い出話などをして、
今度はどこに行こうかなどと話し始めたりし
ます。

そうゆうきっかけを作る仕掛けが必要なのです。

他には家族の本をリビングにまとめて本棚に
置くといのもいいと思います。

みんなで使える場所を作るということです。
家族みんなで使えるとそこから自然と会話も
生まれます。

家族みんなで使える勉強スペースなどもいい
でしょう。

お父さんが仕事をしている姿を見て真似して
勉強を始め、わからないことはお父さんが隣
で教えてあげる。

伝言板のようなものを作るのも面白いと思い
ます。

なかなか子どもと会える時間の少ないお父さ
んなどには特におすすめです。

お父さんからお子さんへ
それを見てお子さんからお父さんへのメッセ
ージを伝える伝言板。

なんでもいいので家族で共通して時間を過ご
せる場所を作ることで自然と会話が生まれ、
顔を合わせる機会も増えていきます。

家を建てるときももちろん考えたほうがいい
ことです。
むしろ家を建てるタイミングだからこそでき
ることのほうが多いです。

家づくりのコツその20

家族で共有できるスペースをつくる

どんなものでもいいです。
すぐに用意できるのはやはりアルバムだと思
います。

みんなで過ごす場所にそれをきれいに飾って
置けば自然と会話も増えます。

今お住まいの場所でもすぐにできることです。
さっそく始めてみてください。